iPadで呼び戻す書く学び【iPadを使う理由】

morning styleへようこそ!こーじです。

本日も僕のブログを読んでいただきありがとうございます。

スマホの復旧や仕事でのPCの活用が主流な社会人、今や学校の授業などでもiPadやデバイスを用いて授業が行われる世の中で、”文字を書く”ということがだんだん日常から消えていっている気がします。

そのため、会議など打ち合わせでいざ、メモをとろうと思った時でも漢字をド忘れすること多くないですか?それは普段から文字を書く習慣がなく、変換に頼ってしまっている事が原因のひとつだと思います。

僕も最近はデバイスを用いてのメモを普段から活用してますが、やはり変換する癖が取れず手書きをするときは漢字が出てこないといった場面が多くなっています。

そんなときiPad+Apple Pencilを用いてメモをとれば紙とペンでメモをとっていた時の感覚を取り戻すことができます。

今回は仕事にプライベートにiPadを活用している僕が、iPadを選ぶ理由とその活用法についてお話ししていきます。

場所を選ばないバインダーメモ

iPadを選ぶ理由の大きな要員のひとつが場所を選ばず簡単にメモを取れるというところです。

紙とペンを使用してのメモはその二つのアイテムの他に必要なものがありますよね。書くための机やバインダーなどの硬い板が必要です。

僕がiPadを使用して便利に感じたところは、いつでもどこでも同じ環境下でメモを取れるというところです。外出先でも室内でも同じ環境で必要なメモをとる事が可能です。普通のメモ帳などだと、どうしても紙がふにゃふにゃしていて書きづらいなど不便があったと思います。それがiPadで解決できるのはとっても嬉しい事です。

ノートの上限は無限!枚数無制限な手帳メモ

通常のメモ帳やスケジュール帳だと書き込める上限がノートの枚数によって決まっています。

ところがこのiPadを使えば枚数は無制限。何枚書いてもいいのです。今までは字を間違えたり、書ききれないものは記入せずに別のメモ帳など記入場所を変えるか記入項目を厳選するかなど何かしら工夫が必要であったものが、気にしないでメモをとる事が可能になっています。

今まではメモを取れずそれが案外重要だったと言ったものまで記入できるのでメモ事項の忘却を防ぐことができるかもしれません。

その場でできるカスタマイズ!自分好みのシステム手帳に

忘れてはいけないことはiPadだということ、こういったデバイスはアプリなどで自分好みにカスタマイズできるので、気になるアプリをダウンロードして自分色のシステム手帳を作ることだって造作もありません。

通常システム手帳やスケジュール帳は、1年周期で買い替えだったりが必要ですが、全てデバイス内で購入記録が完結するため、購入更新の手間が省けてとてもミニマルな生活ができます。

iPad+Apple Pencilは必須

Apple Pencilに限らずpencilは揃えた方が効率がグッと上がります。

そもそも字を書くのでマストバイだと考えていいてしょう。

今ではサードパーティー製のものなど安価でApple Pencilに引けを取らない製品が出てきているため一度試してApple Pencilに乗り換えるのもありな選択だと思います。

字を書く以外にも用途はたくさんあって、動画を見るときや、タッチ操作の代わりにペン操作でiPadを操れるのも魅力のひとつです。

会議などに最適!ビジネス用途

メモをしているだけではこのメモについての熱量だったりが伝わらないのが書くことのデメリットですが、このメモと併用してボイスメモなども使うとそのメモをとっているときの会議の会話内容などを思い出すことができるため、書いたメモの他にメモをしたときの熱量までも一緒に思い起こす事ができます。

一部録音禁止な会議であったり、授業などもあったりするかと思いますので、使用の際には注意が必要です。

このように当ブログでは、朝時間の有効活用をテーマに仕事効率化についてや、朝にぴったりなコンテンツについて発信しております。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

TwitterやInstagramもやっておりますのでそちらもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA