iPhone12以降の方必見MagSafeにはこれ!【MOFT】

考え抜いた結果こいつと一緒にいる決断をしました。

cochammm.logへようこそ!こーじ(KO_KMMK)です。

本日も僕のブログを読んでいただきありがとうございます。

スマホ1台で出かけたい。そんな僕の希望に答えてくれた1枚があります。それがMOFT Snap-On。これをスマホにパチンとつけてからというもの僕の生活はさらに身軽なものになりました。今回はスマホ1台で出かけるという僕の願いを叶えてくれたMagSafe MOFTについてのお話しをしていきたいと思っておりますので身軽に外出したいという方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

MOFT Snap-On

iPhone13miniに装着すると本体にピッタリフィットします。

数あるスマホスタンドの中でもMagSafe機能を活かしたMOFT Snap-Onは別格です。

iPhone12から採用されたMagSafeの磁力を使って従来の両面テープでの装着ではなくマグネットの力でiPhoneと接着させる機構のスタンド兼カードケースになっています。

このスタンド機能×MagSafeが相性抜群で、縦置き、横置きに加えフローティングモードでスマホを立てることが可能になりました。これは画期的で衝撃を受けました。

スペック

MOFT HP参照 https://www.moftjapan.com/products/moft-snap-on-phone-stand-wallet-magsafe-compatible

厚み5mmというところが良いところ、装着していても特に厚みが気にならない感覚。むしろ少し持ちやすいという不思議な感覚を得ることができます。

カードキー収納でスマホ一つで外出

自宅の鍵がカードキーの方は特におすすめの使い方がMOFTにカードキーを収納して疑似的ではありますが、スマホがスマートホームのように鍵の施錠解錠に使えます。これは本当に便利。

スマホは今やほとんどの方が毎日肌身離さずに持ち歩くデバイスだと思うので、鍵の紛失防止にも繋がりますし、少し歩いてコンビニにフラッと出かけたい時など身軽に家を出ることができるためおすすめです。

※カードキーなど磁気のあるものはカードに影響が出る可能性があるため電磁波干渉防止シートを一緒に挟む必要があります。

フローティングモードの体験

動画視聴などに最適なモードとして使いやすいフローティングモード、MagSafeを活かしたこのアイディアは画期的。スマホを宙に浮かすことで机などに直置きした時よりも視点が上がることで動画視聴をしやすい環境を作ってくれます。

スキンケアやお化粧をしながらや料理をするときに動画を流し見しながらなどに使うとこの恩恵を受けることができます。1度体験するともうこれなしではいられないかも,,,

地味に使えるデスク脇の力持ち

上下反対につけることで角度が緩くなります。

この使い方は公式には乗っていませんでしたが、僕が個人的に重宝している使い方が、MOFTを反対向きに置いてその上にスマホを乗せる使い方です。

縦置きだと角度がキツく置いたままの操作がしづらいのですが、この向きで置くことでちょうど使いやすい角度で使うことができます。

僕はこの角度でよく電卓代わりにデスク脇において使っています。

iPhone12以降を購入したら持っておいて損はない1枚

1度手にしてみると離れることができない魔力を持っているこの1枚。

iPhone12以降を購入したよ、持ってるよなんて方は1度手にとって試してみてほしいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

よろしければいいねボタン押していただけると嬉しいです。

TwitterやInstagramもやっておりますのでそちらもよろしくお願いいたします。